様々な災害を想定した災害対策の必要性

台風や地震など日本で講じられている災害への対策

日本は台風や地震など災害に襲われ、被害にあっています。

最近、我が日本も自然災害の数が異常に増加し毎年のように各地に大きな被害を及ぼし、普及もままならない状況が続いています。
大きな要因はここ最近の異常気象によって予期せぬ要因で災害が発生し避難や防止策が後手後手にまわり、被害を大きくしてしまい、復旧も困難になる事態が目立ちます。
そして老朽化した災害防止施設の見直しの遅れから強度の弱い防災施設の目立つことや今までの災害対策の予想をはるかに上回る災害の脅威によりもう既存の防災設備では対応が効かないのも大きな要因の一つかと思います。
その数は年々増え続け何年も避難生活や復旧のままならない被災地に戻れない方々が多数苦しんでいる現状です。
こうした危機的状況に際し、どういった対策を今後施していけばよいのでしょうか。
国の対策は勿論ですが、私達住民もこれからを見据えた対処法を見つけていかないとこの現状はとても打破できないものと思います。
これにはもはや専門機関や担当省と国民の連携を大きく強め予想できない事態に今後どう備えていくのかしっかりとした連携が出来ないとどんどん状況は悪化していくものと思われます。
また予測できない様々な災害を想定した災害対策のマニュアルと実践が構築されることこれが一番重要な今後の課題といわざるをえません。
このサイトでは様々な災害を想定した災害対策の重要性、またその周知徹底と実践についてどう向き合っていったらよいのかを深く掘り下げてみたいと思います。

TOPへ戻る