台風や地震など日本で講じられている災害への対策

>

様々な被害を想定した災害への対策

ここ数年の日本の災害被害

昔から災害というものはわれわれ人間には恐ろしく、長い間自然の驚異と戦い、復興してきました。
しかしここ最近わが日本では異常気象が起こり始め、予測のつかない災害が相次ぎ、しかもその被害は日本各地に及び、甚大な被害をもたらしています。
また復旧もそのために難しくなっていき、なかなか被害から立ち直れない地域が出てきています。
この現象は今後も進み、どんどん迫り来る自然の驚異にわれわれは悩まされなければならないでしょう。
そして災害の勢いは大型化の一歩をたどりわれわれ全員が対策に追われる事態になっていくでしょう。
われわれはこの危機的状況から抜け出す手段を一刻も早く見つけ出し、全国に徹底していかなければなりません。

対策を講じるもっとも重要な点

そしてこの大型化する予測の尽かない災害に対する対策を一刻も早く国とわれわれは見つけ出し、今後に備え準備していかなければなりません。
その重要性は、まず災害がいつ来るか予測不能となっていること、やってきた災害の規模がわれわれの予想をはるかに上回っていること、そして一番の問題は今までの防災設備や避難方法がまったく役に立たないほど災害のほうが大型化していることです。
これらを踏まえた上で災害対策を新しい考え方でいち早く実現していかないと、甚大な被害はさらに拡大し、新しい災害に太刀打ちできない状況をどんどん作り出してしまいます。
国が早急にリーダーシップをとり、速やかに来るべき災害に備えていかないと深刻な被災者を増やし、犠牲者が増えていくだけになってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る