台風や地震など日本で講じられている災害への対策

>

あらゆる事態を想定した対策の周知が必要

構築した災害対策の普及と訓練

そうして構築した災害対策の全国への周知徹底とそれに対する訓練、今この時点で危なく古い防災設備の至急入れ替えは今すぐにでも行わなければいけない急務となっています。
特に訓練は自治体が全力を挙げて取り組み、逃げ遅れなどの事態が決して無いようにしなければなりません。
これはとても重要な課題で、いざ不慮の事態が起こったときには最も大切で有力な防止策になります。
そして内容も最新に常に更新し、訓練をそのつど行い、間違いが起きないように勤めなければなりません。
マニュアルばかりで実際の住民がそのとき動けないのであればそれはまったく意味の無いことになってしまいます。
そうならないためにも災害対策の訓練は重要なのです。

災害にあわないための災害対策の周知徹底

やはり一番大事なことは現在の防災設備はすべて見直しを図り改築、そして国と専門機関、自治体と国民の一体となった様々な災害を想定した災害対策の設定、作成をした災害対策の全国への周知と徹底、そして訓練がもっとも有効になってくると思います。
また最新技術を使った情報の収集、一歩先を打てるまでの気象情報の収集、それらを活用した情報の国民への配布、復旧や救助部隊の結成や迅速な活動、すべてがそろってこの異常事態に対応できうるものかと思います。
もちろん、今復旧に追われている地域の復興のスピードアップも避けては通れません。
以上の事柄は今まさに取り組まなくてはいけない最重要事項なのです。
国に至急の対策作成、復旧の実現を強く望みます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る